FC2ブログ

10月の研修医の先生

こんにちは島ナースです
10月は練馬光丘病院から研修医の先生がきてくれました
だんだんと夏も終わりになる久米島を仕事もプラーベートも充実させていました日に日に黒くなっていく先生をみて楽しんでいるなぁ~と思っていました
優しい先生は患者さんにも人気でしたよ~

OYLA0174_convert_20191107193308.jpg


久米島での研修を終えて
高月 陽介

 はじめまして。10月の1ヶ月間公立久米島病院にて研修させていただきました、高月と申します。普段は東京の病院で勤めています。
 なぜ久米島に来ようと思ったの?とよく聞かれます。1番の理由は東京とは全く異なる環境での医療や人々の生活に関して興味があったからです。東京では人口も多く、病院も数多くあり、交通網も発達しています。物資に困っても店がいたるところにあり絶対に手に入らないということはあまりありません。一方で久米島では人口は8000人前後、病院は診療所を含めて2つのみ、島内の交通はだいたい車、島外に行くにはフェリーか飛行機です。物資の運搬も飛行機か船のため天候に左右されたりします。このように東京と比較して制限があるなかでどういった医療が必要とされ提供できるのかといったことを常に考えなければなりませんでした。東京での普段の生活とは違った刺激を受けることができたのでよかったと思っています。
 せっかく島に来たのだから普段の生活でできないことはできるだけしようと思っていました。ダイビングやシュノーケルに行ったり浜で夕日を見たり星を見たりしました。また、久米島の人たちの生活を知るには島のイベント事に参加するのがよいと思い、できるだけ参加させていただきました。1週目には町民運動会があり、3周目には三線の発表会と敬老会がありました。町民運動会というものは自分の生まれ育ったところにはなく、初めて参加させてもらいました。競技の数にも圧倒されましたが、子供から大人までみんな本気でやっているところに衝撃を受けました。そして、運動会が終わったと思ったら今度は字ごとに公民館で打ち上げの飲み会がありました。集落の飲み会というものが私の周りにはなかったためとても新鮮でした。また、泡盛の空瓶が勢いよく量産されていたことにとても驚かされました。
私にとっての久米島での1ヶ月間の生活はあっという間でした。ここで学んだこと、感じたことを少しでも活かしながら日々の診療をしていこうと思っています。公立病院の方々、島民の方々、1ヶ月というわずかの間でしたが、本当にありがとうございました。

訪問診療の合間にも海を見に行きました


AQPW1769_convert_20191107193224.jpg


もちろんちゃんと仕事もしていました

QENN5056_convert_20191107193457.jpg

さいごに病院のラジオにも出演していましたね

IMG_0367_convert_20191107193245.jpg

ちゃんと聞きました~
1ヶ月間お疲れさまでした
また久米島に遊びにきてください






スポンサーサイト



久米島マラソン

こんにちは島ナースです
先週の日曜日に久米島マラソン大会がありました
もちろん病院からもたくさんの職員が参加されました
救護班としても参加です
会場では久米島のゆるキャラクターくーみんがいました

IMG_0355_convert_20191107185712.jpg

救護班は病院、本部に分かれての活動になります
病院チームは少し合間をぬって、病棟の入院患者さんと一緒に応援へ出かけました~


IMG_0345_convert_20191107185815.jpg

久しぶりの外出で準備にすご~く手間がかかってしまい、走っている姿を見られないスッタフもいました・・・
でもちょうど院長先生を見ることができましたタンバリンを振ったりして先生を応援しました
フルマラソンに挑戦の院長、すごいです今回は膝の調子があまり良くなかったらしいですが、さわやかな走りでした

IMG_0349_convert_20191107185839.jpg

声掛けたら笑顔で手振ってくれましたもちろん無事にゴールしたそうです今回、年代別で表彰されたスタッフもいましたみなさん休日などに走っていたのですね


IMG_0356_convert_20191107185746.jpg

マラソン救護班も大きな事故なく終わることができました
来年もみんなで力を合わせマラソン大会を盛り上げたいです~
お疲れさまでした

IMG_0353_convert_20191107185904.jpg