スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急性期学会

こんにちは島ナースです
先日、日本看護協会の主催する急性期学会が沖縄県で開催されましたこの学会で当院での周産期医療の現実を発表してきました全国から参加される看護師さんたちに離島の医療を少しでも知ってもらえたらいいです。
急性期学会での参加申し込みをしてからは発表事例を集め、研究してと助産師さんを中心に準備に追われていました
事例研究することで色々な課題もみつかったそうです。とてもいい経験になったと思います
離島では産科医がいません。そのため島で出産することはできず妊娠36週6日までに島をでなくてはなりません。なかには色々な事情があり島に残ってしまっている妊婦さんもたま~にいますそんな妊婦さんが1日でも早く離島できるようにサポートしたり不安などを解消してくれているのが島の助産師さんなのです。
今回の研究で、とびこみ出産の事例を通して助産師だけでなく島で働く以上、看護師も産科の知識を持たなくてはいけないというのを強く思いました。現在では少しずつ産科救急の勉強会を開いたり、シュミレーションをしたりプロトコールの作成をしたり日々、みんなで勉強しています

i.jpg

学会当日、発表する助産師さんは、とても緊張していましたが上手に発表できていました
離島医療に興味のある人も多かったみたいで色々な質問もあり、会場を出てからも声がかかることもありました
沖縄での開催という面で普段、私たちがお世話になっている病院のかたとも、たくさんお会いすることができ直接あいさつなどを交わせたのがよかったと思います病院では患者さんの引きつぎだけの接触だが「こんなことをしてほしい」「こんなところがいい」など意見を交わすことができました。

あ

最後に今回の学会発表で中心となって研究した助産師さん~

u.jpg

本当に、本当にお疲れ様でした
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。