FC2ブログ

第82回日本整形外科学会学術総会報告

RIMG0021.jpg
こんにちは。島のスポーツドクターです。
今回、私は5月14日~17日までの4日間、福岡で開催された、
日本整形外科学会学術集会に15日~17日まで参加したので、ご報告させていただきます。

この学会の規模は非常に大きく、日本中の整形外科医が集まり、
有名な先生の講演や、自分の研究発表などの場となります。
私は、島唯一の整形外科医として、あらゆる分野に精通する必要があり、
下記のように分野に偏りの無いように、学術講演やシンポジウムなどに参加しました。

参加内容
1、教育研修講演 「Achieving three-dimensional correction in adolescent idiopathic scoliosis」
2、教育研修講演 「野球肘の診断と治療」
3、教育研修講演 「肘骨軟骨障害の鏡視下手術-外側及び後方障害の処置について-」
4、シンポジウム 「子供のスポーツ障害の予防」
・腰部・骨盤部の傷害(外傷・障害)
・肩肘の成長期のスポーツ障害:野球選手の検診結果からの提言
・膝の障害
・子どもの足・足関節におけるスポーツ障害の予防
5、パネルディスカッション 「軟部組織欠損に対する治療戦略」
・湿潤治療:保存療法に限界はあるのか
・皮膚・軟部組織欠損に対する人工真皮の利用
・下腿重度開放骨折に対する皮弁形成術
・機能を目指した軟部組織再建
・皮弁付き骨移植による骨軟部組織同時再建
6、シンポジウム 「骨盤外傷治療の最前線」
・骨盤骨折における急性期治療
・骨盤骨折の再診治療
・寛骨臼骨折の観血的治療
・骨盤骨折に対する低侵襲固定法最前線-経皮的固定法の手技とpitfall-
・仙腸関節部損傷に対する前方プレート固定
7、教育研修講演 「手指骨折の治療」
8、教育研修講演 「橈骨遠位骨折-機能障害と手術適応」
9、教育研修講演 「診療ガイドラインからみたアキレス腱断裂の診断・治療」
10、教育研修講演 「足関節捻挫の病態と治療」
11、教育研修講演 「手指腱断裂の治療方針」
12、シンポジウム 「膝靭帯損傷治療の最前線」
・自家半腱様筋腱によるACL再建術
・コンピューターナビゲーションを用いた膝前十字靭帯再建術
・膝後十字靭帯、後外側支持機構複合損傷に対する靭帯再建術
・多重折りハムストリング腱を用いたMCL再建術

といった、かなり多くの講演や発表を聞いてきました。頭がパンクしそうです。
中でも印象深かったのは、4のシンポジウム「子どものスポーツ障害の予防」です。
結局、結論として子どもたちのスポーツ障害を防ぐには、Overuseを防ぐ必要があり、
どうやってこれを防ぐのかは、ここ20年の最大のテーマだそうで、20年前と予防は
変わりがないとのこと。理由は、子どもが自主的に休養などを取るのは難しく、
スポーツ指導者や、家族の理解が深くなければこれは実現不可能で、
「勝利のための実力アップ」と「障害予防の休養」は相反するのものだからというように
考えられているからです。その地域で、この誤解を解くのが非常に困難であるとのこと・・・
ここ久米島は、昨年1年かけて、少年スポーツの指導者と私はだいぶ良い関係を築いているという
手応えを感じているので、皆さんとよく理解し合い、
少年スポーツ障害に対する予防の進んだ地域にしようと思っています。

最後に留守中を守っていただいた病院スタッフの皆様、
また5月17日外来を休診に、ご協力していただいた
島民の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。

                                         by島のスポーツドクター
スポンサーサイト