FC2ブログ

島の卒業式

島の小児科医です。

今週の月曜日、島内の小学校では卒業式が行われました。
学校医をしている小学校から招待していただき、出席してきました。
卒業式1

卒業生は19名。ひとりひとり、校長先生から卒業証書を受け取っていきます。
卒業式2

卒業証書を受け取った後、壇の下で将来の夢と両親への感謝を述べていきます。
卒業式3

男子は、プロ野球選手になる夢が多かったです。それぞれ、入りたい球団も具体的でした。スポーツ選手の他には、英語の通訳、生物学者(になって久米島の貴重な生物を守りたい)、農業(家業を継ぐ)、など。
女子は、保育士、看護師、獣医師、福祉士などが多く、ほかにパティシエなどもありました。

自分が小学6年生の時に思い描いた「将来の夢」は何だったかな、、、、
「家の中に鉄道模型を張り巡らせたい」だったような。決して「鉄ヲタ」ではなかったですが、当時は小遣いを貯めてNゲージ模型を集めることにちょっとはまっていました。職業についてはぜんっぜん、考えていなかったようです^_^;

卒業式4 卒業式6
卒業式は2時間たっぷりありましたが、在校生は低学年も含めて全員集中力を欠くことなく「卒業生を送り出す」大役を果たしました。

その後、卒業生は思い出の校舎を一回り。廊下では在校生や教員、家族が紙吹雪で祝います。
卒業式7

この日、卒業生と一緒に退職されるベテラン養護教諭の先生も、皆に惜しまれつつ校舎を後にされました。卒業式9 新米学校医としては教えていただくことが多く、何とか1年学校医をやってこれたのも先生のおかげでした。本当にお疲れ様でした。これからも色々教えてください。

出会いと別れの季節です。センチメンタルな気持ちになりますね。
スポンサーサイト



第27回沖縄透析研究会

先週の日曜日コンベンションで研究会に行ってきました。
久米島病院透析室から1本研究報告をしました。

会場に着くと予想以上に発表会場多く、人も多く・・・
正直ビビッてしまいました。

しかし周りに負ける訳にもいかなく、堂々とやるつもりで望みました。
会場には、県立病院時代にお世話になったNsや技師さん、さらには第一病院の応援に来てくれた技師さんが多くいて応援も貰い、アウェイな印象は全くありませんでした。

題名は、『離島での一般内科医による透析医療の試み』というものです。
要は離島での透析医療は県立病院の先生方のバックアップあれば可能ということ、離島医療を沖縄全体で支えていくという方針がないといけないということを発表しました。

これは、本当に実感します。
医師・看護師不足、臨床工学士不足、理学療法士、地域連携室など様々なところでマンパワー不足を実感しています。この先どうなるのでしょうか・・・。

まあというわけで無事終えることができ、達成感でいっぱいです。
さらに今後の久米島病院の透析室のことを考え、次に私たちでやらないといけないことを考えさせられました。頑張ります。

ご報告まで。

ひなたぼっこ日和

島の小児科医です。
先々週、晴天が2-3日続きました。気温は25度前後まで上がり、「もう夏かよ!」と思わせる陽気。

医局(ドクターの職員室)には、おそらく開院時(9年前)から使われていると思われるソファーがあります。みんなこのソファーでくつろいだり、仮眠をとったりと大変お世話になっているのですが、食べこぼしやヨダレの跡(?)などがあり、「ちょっとばっちい」感じがしていました。

この天気を見て、「よし!天日干しだ!」と決心。医局のみんなに手伝ってもらって、普段は鍵のかかっている屋上に運び出し、カバーは外して洗濯機へ。非日常的な、ちょっといい光景だったので写真をとりました。
015 (2) 016 (2)

先週末からまた少し寒くなり、風邪気味の患者さんが増えました。
皆さんお体を大切に。