FC2ブログ

楽天の小学校訪問

島の小児科医です。

楽天球団は久米島でのキャンプを無事に終えられて島を離れました。

僕は久米島に来るまではプロ野球のキャンプにあまり関心がありませんでした。しかし今回、楽天球団が地元の人々との交流を積極的に行ってくれる様子を間近に見ることができ、また島のスポーツドクターの報告にもありましたが彼の頑張りもあってトレーナーの方々から勉強をさせていただき、楽天球団が島に来てくれることは本当に幸運な、貴重なことだなと実感しました。


楽天球団の地域交流イベントの一つを、ご紹介します。
自分が学校医としてお世話になっている大岳小学校に、選手たち数名が訪問しました。この日、僕はたまたま6年生に喫煙防止の授業をするため大岳小学校へ行く用事があったので、少し早めに行ってその様子を見てきました。

楽天学校訪問1 楽天学校訪問2体育館に幼稚園から6年生まで集合。最初に○×ゲーム。
質問「楽天イーグルスの監督は、野村さちよ監督である。○か×か?」など、面白い問題がいくつも用意されていました。

楽天学校訪問3 キャッチボール練習

楽天学校訪問4 大質問大会
「どうしたらそんなに大きくなれるのですか?」
「プロになれたとき、どんな気持ちでしたか?」などなど、素朴な疑問の数々。

楽天学校訪問5 あっという間の1時間でした。

久米島には少年野球をやっている子どもたちが多いですが、野球をやる、やらないにかかわらず、こうして来てくれるプロの選手達から夢をもらった子どもたちは多かったんじゃないかと思います。

これからも、楽天球団と島との関係が長く続くことを願っています。
スポンサーサイト