FC2ブログ

久米島マラソン救護班レポート

どうも、島のスポーツドクターです。各方面より報告のあった久米島マラソン。
2008年は、病院としてもかなりの医療体制を組み対応させていただいたので、
ここで報告をさせていただきます。

先ずは、事前活動として院内はもとより、消防、役場、救護ボランティアを担う、養護教諭の人々
としっかり連携をとるために、いろんな場所に、ミーティング、事前講習会に走り回りました。

DSC_0039.jpg DSC_0040.jpg DSC_0035.jpg

医療班のの第一目標としては、『死亡事故を起こさない!!』とにかくこれに絞りました。
そのため、ゴール地点に本部を置き、昨年より充実したマンパワーを配置。
本部以外にも、南部医療センターより、友人の救急医O先生を予備折り返し地点に配置、
そして多数のAEDや救急車両など医療資源をコース上に配置。
病院にもマラソン傷病者専用の医師・ナースを配置し強力な布陣を敷きました。

RIMG0056.jpg RIMG0038.jpg RIMG0043.jpg RIMG0040.jpg

そして、今年はみんなでお揃いの医療班オリジナルシャツも作成し、
これがなかなか好評でした!! 一般の方々から売ってくれとの声も多数・・・
RIMG0006.jpg RIMG0003.jpg RIMG0005.jpg RIMG0045.jpg RIMG0054.jpg

実際当日は・・・、30度近い猛暑。
ロードレースにおいてもっとも熱中症の危険が高いのは、
急激な温度・湿度の上昇、今回は、まさにその条件にはまった最悪のコンディション。
フルマラソンがスタートして1時間くらい経過し、気温もぐんぐん上がり、
一人、また一人と傷病者が運ばれてき始めました。
ハーフマラソン参加者がゴールし始めるころ、救護テントの忙しさはピークをむかえ、
その数の多さに、救護班も倒れそうでした。

RIMG0072.jpg RIMG0073.jpg 久米島マラソン2008 008


傷病者の大多数は、熱疲労・熱痙攣で、中には最重症の熱射病になっている方もいて、
救急車は、大会本部と病院とをまさにピストン輸送状態でした。

幸い、医療救護班の事前の準備、迅速な対応が功を奏し、
当初の目標であった『死亡事故を起こさない!!』は見事に達成され、
無事大会を終えることができました。
本音を言えば、ただでさえ医療資源の少ない久米島での、
この時期のこの規模のマラソン大会は、人為的集団災害そのもので、
救護班にはかなりのストレスでした。本当に重大事故が起こらなくて、良かったです。
大会実行委員会にも、開催時期、医療救護の更なる充実を訴えるつもりです。

大会本部救護班、折り返し地点の救護班、病院救護班、
各ステーションの、消防、役場保健師さんたち、養護教員の方々・・・他の医療ボランティアの方々、
この大会が今年も無事終えることができたのは、皆様のおかげ以外何者でもありません。
本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

PA260050_convert_20081029224642.jpg
スポンサーサイト