敬老会パート2 動画編

安里やゆんた
[広告] VPS

みんなでカチャーシー 

[広告] VPS


子供たちの三線

[広告] VPS


エイサー

[広告] VPS


琴の演奏

[広告] VPS


みんな楽しそうですね

スポンサーサイト

敬老会

こんにちは島ナースです
昨日は病院で敬老会をしました

004_convert_20160923174402.jpg

飾りはくみの里の子供たちが作ってくれました千代紙の貼り絵でとても上手にできています
敬老会を盛り上げてくれるのは久米島出身の看護師さんが司会、進行をしてくれました

005_convert_20160923174330.jpg

ありがとうございます~とてもお似合いでした 盛り上がりましたね
まずは琴の演奏です

017_convert_20160923174425.jpg

田村先生の娘さんと、奥さん~
上手に琴弾けてました コンクールで賞までとってる腕前です
次は三線~

025_convert_20160923174448_20160923174849c31.jpg

おじぃ、おばぁたちの知っている曲を中心演奏、琴とのコラボです
中には三線を初めてまだ2ヶ月ぐらいの看護師さんもいました 毎日、日勤が終わった後や夜勤の後に練習をしたそうです

043_convert_20160923174515.jpg

みなさん、すごい喜んでいました
子供たちの三線もありました この日のために一生懸命に練習をしてくれたそうです

045_convert_20160923174540.jpg

やっぱりかわいいですね~ おじぃ、おばぁ達、みんな拍手をしたり手踊りをしたりしてくれました

052_convert_20160923174606.jpg

やっぱり最後はカチャーシーです

063_convert_20160923174632.jpg

この後に、エイサーの発表があり希望者だけ玄関へ移動しもらいました 疲れているから、みんな行かないかな~と思ったけれどほとんどの方が移動してくれました
力強いエイサーの踊りをみせてくれました~

067_convert_20160923174703.jpg

敬老の日おめでとうございます~

JADECOM体操

こんにちは島ナースです
久米島病院は地域医療振興協会に属しています
協会の体操の撮影があったのでみんなで練習して久米島一景色のきれいなところで踊りました
夕方だったので夕陽が眩しかった...🌅でも海めっちゃキレイでした🐠🐠🐠🐠
マイナスイオンたっぷりです💦💦
ちなみに、奥でクワガサを被ってクワを持って農業の格好をしているのが院長です(笑っ)😄
院長先生は当直の間にもビデオを見て、しっかり練習してましたよ〜😉
短い期間での練習お疲れさまでした👐👏👐👏👐👐

[広告] VPS

旧盆行事

こんにちは島ナースです
今週の15日・16日・17日は沖縄のお盆でした 今年は本土のお盆とも日にちが近かったため旧盆の久米島は帰省の人やら、お盆休みを利用しての観光客やらで賑わっていました
沖縄でのお盆行事は毎年、準備やら片付けやらで朝からお供えの料理を作ったり、お供えしたりと特に女の人たちは大忙し~
お盆の中日は各部落で伝統のエイサーを踊ります
私たち看護師は儀間部落で参加させてもらいました。毎年、参加しているため顔なじみも増えてきています
初めて参加する人もいるので、ちゃんと練習から真面目に参加してきました
仕事が終わってから夜20時~22時までの練習です・・・そのあとは自宅で自主練習をしないとかっこよく踊れません
この時期は、みんな睡眠不足になりながら体力の限界を感じ頑張っています(笑っ)
練習成果もあり当日は、かなり楽しく踊れました~

6_2016082017142738e.jpg

1_convert_20160820165941.jpg

まだ元気なころの写真~
この後に3回、踊り観客やらいろんな人に酒を飲まされベロベロになりながらのエイサーになりました今日は楽しく踊れたらいいさ~とみんな太鼓をたたいています
私は違う部落で参加している同僚たちも見学に行ってきました~
ここの部落はこじんまりとしていましたが、団結力とパワーはすごかったです
踊りもかわいらしく、太鼓も迫力ありました
みんな各地域で島行事を楽しんでいますね

3_convert_20160820165603.jpg

練習も相当がんばったそうです
本当はまだまだ見たい部落もあったが、自分の部落に戻ることにしました~
戻ってからは盆踊りをみんなで踊り、沖縄伝統のカチャーシーで旧盆の中日をしめました

5_2016082017142847c.jpg

毎年、お忙し中、病院メンバーをエイサーに誘ってくれ踊りの指導もしてもらっているおかげで私たちは島生活を楽しめています
そんな島の人たちに感謝しなければいけないな~と思いました
エイサーお疲れ様でした

2_convert_20160820165529.jpg

急性期学会

こんにちは島ナースです
先日、日本看護協会の主催する急性期学会が沖縄県で開催されましたこの学会で当院での周産期医療の現実を発表してきました全国から参加される看護師さんたちに離島の医療を少しでも知ってもらえたらいいです。
急性期学会での参加申し込みをしてからは発表事例を集め、研究してと助産師さんを中心に準備に追われていました
事例研究することで色々な課題もみつかったそうです。とてもいい経験になったと思います
離島では産科医がいません。そのため島で出産することはできず妊娠36週6日までに島をでなくてはなりません。なかには色々な事情があり島に残ってしまっている妊婦さんもたま~にいますそんな妊婦さんが1日でも早く離島できるようにサポートしたり不安などを解消してくれているのが島の助産師さんなのです。
今回の研究で、とびこみ出産の事例を通して助産師だけでなく島で働く以上、看護師も産科の知識を持たなくてはいけないというのを強く思いました。現在では少しずつ産科救急の勉強会を開いたり、シュミレーションをしたりプロトコールの作成をしたり日々、みんなで勉強しています

i.jpg

学会当日、発表する助産師さんは、とても緊張していましたが上手に発表できていました
離島医療に興味のある人も多かったみたいで色々な質問もあり、会場を出てからも声がかかることもありました
沖縄での開催という面で普段、私たちがお世話になっている病院のかたとも、たくさんお会いすることができ直接あいさつなどを交わせたのがよかったと思います病院では患者さんの引きつぎだけの接触だが「こんなことをしてほしい」「こんなところがいい」など意見を交わすことができました。

あ

最後に今回の学会発表で中心となって研究した助産師さん~

u.jpg

本当に、本当にお疲れ様でした