FC2ブログ

バイオリン演奏

こんにちは島ナースです
先日、病院内でバイオリン演奏がありました
島の方による演奏会でした

IMG_1397_convert_20191207174959.jpg

当日は雨でしたので病院ロビーで行いました受診の患者さんはもちろんのこと、入院中の患者さんも聞きに来てくれました普段は三線の音色になれている島民たちも美しいバイオリンの音色に聞き入っていましたね


IMG_1395_convert_20191207174720.jpg


IMG_1394_convert_20191207174650.jpg
みなさんとても楽しそうでよかったです


IMG_1396_convert_20191207174910.jpg



私たちは仕事をしながらでも音楽を聴くことができました
クラッシクから島唄までまで演奏してくれましたもちろん島唄では患者さんも看護部長も一緒に歌いました
楽しいひと時をありがとうございました

スポンサーサイト



10月の研修医の先生

こんにちは島ナースです
10月は練馬光丘病院から研修医の先生がきてくれました
だんだんと夏も終わりになる久米島を仕事もプラーベートも充実させていました日に日に黒くなっていく先生をみて楽しんでいるなぁ~と思っていました
優しい先生は患者さんにも人気でしたよ~

OYLA0174_convert_20191107193308.jpg


久米島での研修を終えて
高月 陽介

 はじめまして。10月の1ヶ月間公立久米島病院にて研修させていただきました、高月と申します。普段は東京の病院で勤めています。
 なぜ久米島に来ようと思ったの?とよく聞かれます。1番の理由は東京とは全く異なる環境での医療や人々の生活に関して興味があったからです。東京では人口も多く、病院も数多くあり、交通網も発達しています。物資に困っても店がいたるところにあり絶対に手に入らないということはあまりありません。一方で久米島では人口は8000人前後、病院は診療所を含めて2つのみ、島内の交通はだいたい車、島外に行くにはフェリーか飛行機です。物資の運搬も飛行機か船のため天候に左右されたりします。このように東京と比較して制限があるなかでどういった医療が必要とされ提供できるのかといったことを常に考えなければなりませんでした。東京での普段の生活とは違った刺激を受けることができたのでよかったと思っています。
 せっかく島に来たのだから普段の生活でできないことはできるだけしようと思っていました。ダイビングやシュノーケルに行ったり浜で夕日を見たり星を見たりしました。また、久米島の人たちの生活を知るには島のイベント事に参加するのがよいと思い、できるだけ参加させていただきました。1週目には町民運動会があり、3周目には三線の発表会と敬老会がありました。町民運動会というものは自分の生まれ育ったところにはなく、初めて参加させてもらいました。競技の数にも圧倒されましたが、子供から大人までみんな本気でやっているところに衝撃を受けました。そして、運動会が終わったと思ったら今度は字ごとに公民館で打ち上げの飲み会がありました。集落の飲み会というものが私の周りにはなかったためとても新鮮でした。また、泡盛の空瓶が勢いよく量産されていたことにとても驚かされました。
私にとっての久米島での1ヶ月間の生活はあっという間でした。ここで学んだこと、感じたことを少しでも活かしながら日々の診療をしていこうと思っています。公立病院の方々、島民の方々、1ヶ月というわずかの間でしたが、本当にありがとうございました。

訪問診療の合間にも海を見に行きました


AQPW1769_convert_20191107193224.jpg


もちろんちゃんと仕事もしていました

QENN5056_convert_20191107193457.jpg

さいごに病院のラジオにも出演していましたね

IMG_0367_convert_20191107193245.jpg

ちゃんと聞きました~
1ヶ月間お疲れさまでした
また久米島に遊びにきてください






久米島マラソン

こんにちは島ナースです
先週の日曜日に久米島マラソン大会がありました
もちろん病院からもたくさんの職員が参加されました
救護班としても参加です
会場では久米島のゆるキャラクターくーみんがいました

IMG_0355_convert_20191107185712.jpg

救護班は病院、本部に分かれての活動になります
病院チームは少し合間をぬって、病棟の入院患者さんと一緒に応援へ出かけました~


IMG_0345_convert_20191107185815.jpg

久しぶりの外出で準備にすご~く手間がかかってしまい、走っている姿を見られないスッタフもいました・・・
でもちょうど院長先生を見ることができましたタンバリンを振ったりして先生を応援しました
フルマラソンに挑戦の院長、すごいです今回は膝の調子があまり良くなかったらしいですが、さわやかな走りでした

IMG_0349_convert_20191107185839.jpg

声掛けたら笑顔で手振ってくれましたもちろん無事にゴールしたそうです今回、年代別で表彰されたスタッフもいましたみなさん休日などに走っていたのですね


IMG_0356_convert_20191107185746.jpg

マラソン救護班も大きな事故なく終わることができました
来年もみんなで力を合わせマラソン大会を盛り上げたいです~
お疲れさまでした

IMG_0353_convert_20191107185904.jpg





訪問看護 つむぎ

こんにちは島ナースです
2019年10月から久米島病院に訪問看護を主とした事業所「訪問看護 つむぎ」が開設されました

つむぎの名の由来は・・・久米島紬の「糸をつむぐ」から「人をつなぐ」「関係者をつなぐ」「島全体をつなぐ」という意味でつけられました。今までも訪問看護を行っていましたが、みなしの訪問看護であったため十分に島民の皆さんの需要に答えられない部分が多くありました今後はチームメンバーも研修を重ね手厚い寄り添える看護が提供できるのではないかと思います


開設にあたり除幕式を行いました

_convert_20191003191252.jpg


院長、副院長で幕をあけました
そのあと、院長からお祝いの言葉をもらいました

_convert_20191003190925.jpg

訪問看護つむぎの看板は島の人によって作成されプレゼントされましたありがたいです
私たちの訪問看護はまだまだ始まったばかりですが島民のみなさんに必要とされる看護が提供でき、自宅でも快適に過ごせるようにお手伝いができたらいいと思います。また家族にも安心して、療養生活が送れる声掛けできるように精進します
訪問看護つむぎがうまくいくように、願をかけ集合写真をとりました~

_convert_20191003191029.jpg


<団結式>
訪問看護つむぎを運営するメンバーに看護部長から、お話がありました
これからの久米島のことなど、訪問看護の必要性を深く考えさせられました少しづつではありますが、訪問看護つむぎが大成功するといいです
みなさん、ふらーとでもいいので遊びにきて下さいね

IMG_0311_convert_20191003191107.jpg



研修医の先生

こんにちは島ナースです
久米島には全国から離島医療を勉強しにたくさんの研修医がきます
今月は市立奈良病院から研修医の先生が来てくれました
そんな先生の久米島での感想を紹介します~

IMG_0309_convert_20190930111516.jpg

慣れない訪問診療を一生懸命患者さんとお話していました

先生の感想~
初めまして。9月いっぱいの1ヶ月間、地域医療研修としてこちらの公立久米島病院で研修させていただきました市立奈良病院初期研修医2年目の粂田哲平です。
私が公立久米島病院を研修先に選んだのは、普段自分が勤務している環境とは大きく異なる「島」での医療を学びたいと思ったのが一番の理由です。あと自分の名字が「くめだ」ということもあり、何か不思議なご縁がありそうだと思ったのも少しあります(笑)
こちらの研修では「島」ならではの医療を多く学ぶことができました。特に印象に残っているのは患者さんのヘリ搬送です。研修が始まって最初の10日間でドクターヘリ3回と自衛隊ヘリ2回の合計5回の搬送を経験しました。ヘリ搬送の手続きや搬送までの準備など、これまでにしたことのない経験をすることができ、特に搬送の条件の中で雨・台風などの「天候」についても考慮しながら、いつ搬送をすれば良いか判断することが求められるということが、非常に印象的でした。他にも普段の研修では経験があまりできない外来診療や訪問診療なども経験することができ、この1ヶ月間の研修は非常に有意義なものであったと感じています。指導医の先生方や看護師さん、薬剤師さん、リハビリスタッフさんなど全ての診療に関わる方々は皆さんとても親切で、とても気持ちよく1ヶ月間の研修を送ることができました。ありがとうございました。
また研修以外の部分では、期間中に2回台風を経験しましたが、それ以外の期間中は比較的天候の良い日が多く、久米島内の主要な観光スポットも多く観光することができました。訪れた場所はどこも非常に綺麗で、良い気分転換になりました。特に印象に残っているのはやはり海がとても綺麗だということです。シュノーケリングやダイビングはしませんでしたが、夕暮れ時に一人で海辺で海を眺めながらボーッとする時間が自分の中では結構気に入ってしまいました。これからまた海なし県の奈良県に戻るので、この時間がなくなってしまうのが少し悲しく感じます(笑)食事に関しても、車海老や久米島そばなど沢山のグルメを味わうことができ、島で食べるものはどれも美味しく感じました。
1ヶ月間の短い研修ではありましたが、仕事・娯楽を含め非常に充実した1ヶ月を過ごすことができました。機会があれば、またぜひ久米島を訪れたいと思います。最後になりましたが、自分の研修に関わってくださった全ての方々に感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

IMG_0307_convert_20190930111406.jpg

最後の研修の日に患者さんと写真撮りました みんないい笑顔です
また遊びにきてくださいね
1ヶ月間、お疲れさまでした